「稼げない」女性に多い5つのケース■

1.シフトを守れない

時間を守ることは社会の常識であり、遅刻欠席を繰り返すと仕事をもらえなくなってしまうこともあります。女性の遅刻が原因でお客様を待たせるようなことがあれば、それは女性だけでなくお店の信用にも関わります。いい加減なお店だというイメージをもたれ、そのお客様に二度と来店をしてもらえなくなるかもしれません。それはお店にとって、大きなマイナスとなってしまうのです。

2.接客態度が悪い・クレームが多い

基本プレイをおろそかにすることや、決められたコース時間よりも早めに退出をすることは、お金を頂いているお客様に対して大変失礼なことです。仮にモチベーションが低かったり、体調が良くなかったりするときでも、接客中にお客様にそれを出してはいけません。お客様からすると関係のないことであり、接客やプレイをおろそかにするとクレームに繋がってしまいます。気分や体調が優れず接客できない状況なのであれば、お客様のもとへ行く前にスタッフさんに相談をしましょう。

3.横柄な態度、挨拶ができない

お客様は言葉遣いや仕草全般を見ています。おもてなしする側だとよく理解することが大切です。第一印象は3秒で決まると言われていますので、笑顔で挨拶をし、名前を名乗りましょう。初対面でタメ口はNGです。それだけで気分を害される方もいらっしゃいますので、しっかりとした敬語でハキハキと話しましょう。

4.会話のキャッチボールができない

最低限の会話のキャッチボールは必要です。例えば、デリヘルの場合お金のやりとりをしますが、お金を受け取る際に無言というのは失礼です。「お預かりします」や「ありがとうございます」と一言添えるだけでOKなのです。会話でお客様に楽しんでいただくことも大切ですが、かといってサービス時間短縮の為に話し続けることはNGです。また、お客様の話をさえぎってまで自分の話をすることも失礼になります。実際は、話を聞いてほしいと思っている男性がほとんどですので、すすんで聞き手に回りましょう。お話好きでついつい話が盛り上がってしまうお客様も多くいますが、上手くタイミングを見て自らシャワーを勧める等すれば、気遣いのできる女性だと好印象を持ってもらえます。お客様の話が自分にはわからない事でも、相槌を打ったり、質問をしたりして、私はあなたに興味がありますということを積極的にアピールしましょう。

5.笑顔がない

接客業に笑顔はかかせません。レストランで笑顔が無くむすっとした店員さんに接客をされたらどう思いますか?気持ちの良いものではないと思います。風俗のお仕事の場合、基本的にはマンツーマンですので、余計に気を遣わなければならないことだと言えます。笑顔は人を幸せにしますので、お客様の前では常に笑顔を意識しましょう。