どうもスタッフ涼ちゃんです!!

江戸川柳の常識「オナニーといえば○○」

woman

江戸時代の川柳には「バレ句」という、エロ川柳のカテゴリがあります。
SEXからなにから、それこそ百科事典並のエロネタの宝庫なのですが、
もちろんバレ句の中にはオナニーを題材にしたものもあります。

バレ句の中では
「オナニーは奥女中(屋敷に使える女の人)がやるもの」
というある種のステレオタイプがあります。
ステレオタイプというのは

  • 昭和時代のお父さん=頑固で頭が以上に固いが、実際のところはとっても涙もろい
  • 大学生=お酒を飲んでバカ騒ぎするもの

という根拠は全くないが「これはそういうものでしょ」と共有されがちなイメージのことです。
江戸時代の奥女中全員がオナニーしてたというわけではないので
そこだけは彼女たちの名誉のために理解してあげましょう。

奥女中のオナニーについて読まれた実際の句をみてみましょう。

  • はりかたが出て母おやを又なかせ
    訳:奥女中として屋敷にお仕えしていた娘が死んで、
      母が遺品を整理していたところ、張り型が出てきたら
      きっと親は哀れに思って泣くだろうな…という想像。

  • 大は小をかねると笑ふ長つぼね
    訳:屋敷に仕える奥女中は張り型を見て「大は小を兼ねる」と微笑みました
    (かなりシュールだ…)

うん…あからさまではないですけどとても不思議なエロを感じますね。

他にも奥女中の句ではないのですが

五十ほどかくとせんずり終ひなり
訳: 「せんずり(擦り)」っていうけど結局オナニーって50回くらい摺れば終わるよね

という「当○り前体操」並の句もあります。
まあ、エロなのに少し笑いを含みたくなるようなネタが多いのが日本史の特徴ですよね。

春画とかも買ってみようかな。





basic
※女の子へのおさわりはオプションをご利用頂いて
からで必ずお願い致します
※オプション無しで抱きつき等を致しますと
最悪プレイ中断となりますので
お気をつけ下さい。

1

絶対お見逃し厳禁でございますよ!!


お手頃で安く遊んで頂けるテコキング
HPは下をクリック

松戸 オナクラ 風俗 手コキング
松戸駅西口より徒歩で3分 
 
 

営業時間 10:00~24:00 

電話番号 047-703-4444